木材の性質と人間の求めるものをマッチング

新築住宅がもうすぐ完成します

今回はベランダに「イタウバ」という樹種のデッキを使用して頂きました

かなり広いベランダで見た目も壮観です

今回使用して頂いた「イタウバ」という樹種は、非常に強度があり雨にも強い性質を持っています

その為、ウッドデッキで使用されることが多く、塗装や防腐処理もする必要がありません(それでも15年以上使用できます)

また、芯の部分が強いけれども表面が柔らかいという珍しい性質も持っています

ウッドデッキにしたときに表面を加工するのですが、そうすると樹木の成分が表面を覆いコーティングするんです

そうなると少し柔らかさが出る為、これが「素足に最も優しいハードウッド」と言われる所以になっています

木材は樹種ごとにそれぞれ特徴があります

人間が使用する場所の求めるものと合致した樹種を選ぶことが一番大事です

それらをマッチングさせることが我々の使命だと考えています

イタウバの持つ性質は素足で歩くことを想定しているであろう一般住宅のベランダに最も合っていると思います

イタウバデッキについて https://www.itauba.info/

ベランダに対する不安と生活への適合より

ベランダのある新築住宅がもうすぐ完成します

今回はこのベランダに「イタウバ」という樹種のウッドデッキを使用して頂きました

ベランダで気になるのは雨による腐食です

腐ってしまうと外に出るのも安全性が保たれていないので不安が出てしまいます

お家の方からもそのようなお考えがあったので、今回は雨に強い木材として「イタウバデッキ」を使用させて頂きました

イタウバはこういった外でも15年以上使用することが出来る高耐久性木材です

ウッドデッキだけでなく、床下の柱もイタウバにしましたのでこの部分の腐食対策もバッチリです

またイタウバは表面に柔らかさがある性質を持っています

この性質はウッドデッキとして見た時に、こういった一般住宅の素足で歩くことを想定している場所に最適です

お家の方の不安の払拭と生活様式に適した樹種としてイタウバは今一般住宅のベランダに一番使用されています

イタウバデッキについて https://www.itauba.info/

ウッドデッキの滑り止め対策

左側は滑り止め用のウッドデッキです

右側が通常のフラットタイプのウッドデッキです

滑り止め用については、ご依頼を受けてからフラットのウッドデッキに波形の形状を加工します

この加工をすることによって摩擦が増えて滑りにくくなります

公園や遊歩道、お店のウッドデッキの表面がこのような形状になっているのを見たことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか

ウッドデッキにもこういった対策ができることをご参考にして頂ければと思います

イタウバデッキの滑り止めについて https://www.itauba.info/

老朽化した縁側のBefore・After

中庭にあるこの縁側を交換することになりました

かなり老朽化が進んでいますので、お家の方も「また長く使えるようにして欲しい」とのご希望でした

いつもこの縁側から池の鯉に餌をあげていて素足で出られていました

その時に「樹種はイタウバが良いな」と決定しました

イタウバという樹種はこうした屋外でも15年以上使用することが出来る硬質木材です

ここはお家の方のご要望と合致しています

またその他の特性として「芯は強いが表面が柔らかい」という点です

この特性がもたらす効果は、いずれ訪れる表面にササクレが生じた時にそのササクレが柔らかいんです

通常このような高耐久性木材は「芯も表面も強い」です

その結果、ササクレが生じた時にはそのササクレも強く「素足に刺さった時に痛いんです」

お家の方の鯉への餌やりで素足で出られている所を見て、ご要望も生活スタイルにもイタウバが合っていると思いました

そこでご提案したところ、触った感触で採用して頂きました

池の横で場所も狭い現場でしたが大工さんが頑張ってくれました

イタウバの綺麗な縁側が完成です

今日からは安心してまたここから鯉に餌をあげてもらいたいです

イタウバウッドデッキについて https://www.itauba.info/

完成時は赤味のある色合いに

本来のイタウバ
2週間太陽にあたった後のイタウバ

イタウバは太陽にあたるとまずは赤味が出てきます

本来は黄色い色合いですが、2週間ほど太陽にあたると赤味のある色合いに変化します

現場に納品する時は黄色ですが、ウッドデッキが完成した時には赤味になっていることが往々にしてあります

よって、完成時の色合いについては赤味の方になるとみて頂ければと思います

イタウバウッドデッキについて https://www.itauba.info/

イタウバを最大限に生かす店舗フローリング

これはイタウバフローリングです

店舗のフローリングに使用されています

イタウバの特徴は以下の通りです

高耐久性木材(ウッドデッキでしたら屋外で15年以上使用可能)

芯の部分が強いが表面に柔らかさがある

表面の柔らかさが店舗フローリングとして使用した時に効果があります

店舗フローリングですから多くの方が歩きます

その為、強さは必須条件です→この部分に関してはイタウバはOK

そしてイタウバ特有の表面の柔らかさは、お客様が触れた時に安全性を確保します

普通は強度の強い樹種は表面も硬く、いずれ訪れる表面の摩耗によるササクレが生じた時に人が触れると痛いんです

その点イタウバはササクレがふやけた感じになり、ひょっと触れることがあっても安全なんです

強さと柔らかさを同時に持っている樹種は他にはありません

この稀有な特徴を店舗フローリングとして使用した時に、最大限に効果を発揮します

イタウバという樹種は面白いなといつも思います

イタウバフローリングについて https://www.itauba.info/

丸太をスライスしたイタウバ盤木

こちらはイタウバの丸太をスライスした盤木です

この状態で入荷されるのは珍しく、今まで見てきたイタウバとは違う製品の様です

せっかくなのでこの大型盤木を活かした使い方は無いものか、現在思案中です

店舗の壁をこの盤木で埋めるのも面白そうですし、これを地面に並べて遊歩道の踏板にするのも良いかもしれません

こういった珍しい材料は「他にはできない唯一無二の空間を生み出す」のに必要です

人目を惹く空間だったり、注目される空間は人の足を運ばせます

そう考えると店舗に使用した方がお役に立てられるのかなとも思います

何かいいアイデアはありますか?

イタウバのスライス盤について https://www.itauba.info/

機能面では塗装不要でもデザイン面では

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今回はご自宅にベランダを新たに設置して頂きました

イタウバ材を使用して頂き、今回は表面にクリア塗装もしています

イタウバという樹種は屋外でも15年以上使用することが出来る高耐久性の木材です

芯の部分に強さがありながらも表面が柔らかい為、「素足に最も優しいハードウッド」と呼ばれ一般住宅のデッキによく使用されています

また加工性も良く施工する工務店様からも人気の製品です

そんな性質のイタウバですから塗装をしなくても15年以上は使用することが出来ます

しかし今回のように塗装をするとさらに耐久性が向上し長持ちするようになります

また機能面よりも見た目はかなり異なります

無塗装の時はこのような色合いですが、クリア塗装をするとクラシックな色合いに変化します

お家の方も耐久性向上よりもむしろこの見た目にするために塗装をしたのではないかと思います

無着色のクリア塗装は地肌を反映する為、出来上がりは一枚毎に異なる表情になるので木材好きの方にとっては楽しいと思います

塗装不要の高耐久性木材とはいえ、デザイン性では塗装をするとこのような表情になることをご参考にして頂ければと思います

イタウバデッキの塗装について https://www.itauba.info/

最大幅200mmのウッドデッキ

イタウバデッキの最大サイズ 厚さ40mm 幅200mm です

今回入荷されたウッドデッキでここまで幅広のデッキは他には無いでしょう

これを見た時に普通のデッキとはまた別の価値を感じました

こんなデッキが並んでいるのは見たことがありません

どんな風景になるのか

通常のウッドデッキの幅は105~120mmです

およそ倍の広さになります

図抜けた特徴を持つ製品はこれまで見たことのない風景を作り出せると思います

今まで見たことのない風景を創りたい

そのような方にぜひご参考にして頂ければと思います

幅200mmのイタウバデッキについて https://www.itauba.info/

自然素材の特徴を知り我々の生活も充実させていく

今日はイタウバの性質「シロアリに強い」について書こうと思います

イタウバは樹種の性質上「シロアリに強い」性質を持っています

この性質をウッドデッキの下地材にかけ合わせると、抜群の効果が表れます

下地とはウッドデッキの歩くデッキ板の下にある材料の事で、主に束柱・根太・大引きを指します

当然、この場所は湿気がこもりやすく腐食もしやすくなる為、環境としてシロアリがたかりやすくなっています

環境に関しては変えようがないので、後は樹種の性質で対応するしかないと思います

イタウバのようなハードウッドは元々腐食に強く、これはシロアリも付きにくいといえますが、さらにイタウバは樹木の成分でシロアリが付きにくくなっているんです

この性質を利用して下地材として使用するのが最適です

自然素材の特徴を知ることで、適材適所に材料を配置することが大事だと思います

自然素材を利用しながら我々の生活も充実させていくのが一番賢いやり方でしょう

無駄にはしない使用で自然も人間生活も大事にしつつ互いの配慮を忘れずに共存共栄を取っていくことこそが長期的な繁栄につながると思います

イタウバの「シロアリへの強さ」について https://www.itauba.info/