見たことのないイタウバ 40×200mm

今回商品ラインナップに加わったイタウバデッキ 厚さ40mm 幅200mmです

これは見た瞬間に「すごいな!!」と思わせるサイズです

今まで最大が30×145mmでしたが、幅200mmはやはり違います

この製品の価値はここだと思います

「見たことのない製品は見たことのない空間を創る」

イタウバですから機能面では屋外耐久年数15年以上、塗装・防腐処理不要の手間無し、などがありますが、それを超えるインパクトと希少価値の生む貴重な空間創造のアイテムになりえます

今まではこの日記でもイタウバの機能面をよく書いていましたが、この製品に関してはその点よりももっと魅力を秘めたものがあると思います

見たことのない空間を創る時はこの見たことのないイタウバデッキをパーツとして活用して欲しいです

イタウバデッキ 40×200mmについて https://www.itauba.info/

シロアリに強いイタウバ

イタウバはシロアリに強い性質を持っています

この性質はデッキの下地材として非常に重要な要素です

下地材とはデッキ板の下側にある束柱・大引き・根太の事です

この部分は湿気がこもり乾きにくい環境にあるので、腐食しやすくシロアリも付きやすいです

そもそもイタウバは屋外でも15年以上使用することが出来る高耐久性木材です

その為、下地材の腐食しやすい環境にも負けない強さを持っています

加えてシロアリに強い成分を持っているからにはよりこの環境に適した材料といえます

実はウッドデッキはデッキ板よりもこの下地材こそ丈夫な材料にしないと長持ちしません

どうしてもデッキ板に目が行きがちになりますが、配慮しなければいけないのは下地材であり、木材の性質からイタウバは最適だと言えます

デッキのある生活を長く安全なものにする為にも、最適な材料で下支えして頂ければと思います

イタウバの下地材について https://www.itauba.info/

イタウバデッキのメリットとは

イタウバデッキの定番サイズ 30×105mm と 20×105mm です

他のウッドデッキもこのサイズが基本になっています

厚さと幅のバランスがちょうどいいのではないでしょうか

あまり広すぎても反りやすいので

このデッキを貼れば、もう15年以上は塗装や防腐処理無しでも普通に使えます

さらに表面の劣化はいずれ生じてしまいますが、その時のササクレがふやけて柔らかいのです

これが「芯は強いが表面が柔らかい」イタウバの最大のメリットです

これが「素足に最も優しいハードウッド」と言われる所以です

安心・安全にウッドデッキ生活を満喫して頂けるアイテムです

イタウバウッドデッキについて https://www.itauba.info/

デッキ生活を満喫して欲しい

新築住宅のベランダにイタウバデッキを使用して頂きました

イタウバは屋外で15年以上使用することが出来る高耐久性木材です

その間に防腐処理や塗装などのメンテナンスは必要ありません

さらに、芯の部分は強て表面には柔らかさがある、という稀有な特徴を持っています

この特徴がもたらす効果は、表面にササクレが出た時もそのササクレがふやけた状態でその上を歩いても特に問題がありません

ウッドデッキの場合、ササクレはいずれは生じます

その時にイタウバのような高耐久性木材は往々にして強度がある為、ササクレも強度があり、うっかり素足で歩いた時に痛いのです

イタウバは自身の成分が表面を覆うという特徴があり、そのおかげで表面に柔らかさが出ます

その為「素足に最も優しいハードウッド」と言われ、一般住宅のベランダに人気になっています

一般住宅のベランダは歩き回ったりくつろいだりするイメージで作られると思います

その時に機能面で安心してそのようなデッキ生活を満喫して頂く為にも、イタウバは最適です

今回も完成後は新しい生活を十分に満喫して欲しいと思います

イタウバデッキについて https://www.itauba.info/

実験用部品 イタウバの埋め込みナット

こちらはスノーボードで使用する埋め込みナットです

お客様から「耐水性の強い木でこれを作って欲しい」と図面を頂きイタウバで製作してみました

実験用でこれを使ってみて、経過が良好であれば量産していく、ということです

図面を見た時は「耐水性の高い樹種はイペ・マニルカラ・イタウバとあるけれども、こんな細かい加工が出来る樹種はイタウバしかないな」と思い、職人と打ち合わせをして製作に取り掛かりました

今回のテーマは「耐水性が良く加工性も良い材料での製作」です

普通は相反している項目です

耐水性の良い樹種は、強度が強く加工が難しい樹種が普通です

しかしイタウバはこの両方ともよいという稀有な性質を持っているので「これしかないな」と思い製作しました

それでも加工は難しかったですが、なんとか完成して納めることが出来ました

後は結果が良好であることを願うだけです

イタウバの加工製品について  https://www.itauba.info/

60年使用した縁側をイタウバに交換

和風の中庭の縁側が腐食したのでイタウバで交換することにしました

イタウバは屋外でも15年以上使用することが出来るハードウッドです

人気の理由は、芯の部分は強く表面が柔らかいという稀有な性質から「素足に最も優しいハードウッド」と呼ばれています

今回のような一般住宅に最適です

池の横という事もあって作業が難しい場所でしたが大工さんに頑張って頂きました

2日ほどで交換が終わるというスピード作業でした

縁側に出てゆっくり中庭を堪能できるようになりました

新しい縁側の完成でちょっとした変化かもしれませんが、生活に潤いや楽しみをもたらせることが出来たのならうれしいです

ウッドデッキの本来の役目は丈夫さや安全性はもちろんですがそういった部分が一番大事なところだと思います

イタウバウッドデッキについて https://www.itauba.info/

「表面が柔らかい」イタウバ

新築住宅にイタウバのベランダを設置して頂きました

イタウバは雨に濡れる場所でも15年以上使用することが出来る硬質木材です

最近は一般住宅のベランダによく使用されるようになりました

それは「素足に最も優しいハードウッド」だからです

ハードウッドとは塗装や防腐処理をしなくても15年以上使用することが出来るような高耐久性木材を指していますが、イタウバはその中でも「表面が柔らかい」という稀有な特徴を持っています

芯の部分に強さを持ち、表面が柔らかい為、ササクレが生じた時もふやけた感じになっていてとげが刺さりにくい状態になります

一般住宅にベランダを設置される方は、やはり腰掛けたり裸足で走ったりするイぺージを持たれていると思います

木材である以上、外に設置した材料は必ず消耗して徐々にササクレも発生します

その時にイタウバの稀有な特徴は、長期にわたって安全にデッキ生活を送れることをサポートします

ベランダ・ウッドデッキのある新しい生活を存分に味わって頂けるウッドデッキです

イタウバウッドデッキについて https://www.itauba.info/

一般住宅にイタウバが人気の理由

新築住宅のベランダにイタウバを使用して頂きました

イタウバの性質上、一般住宅のベランダに適していると思います

イタウバはこうした屋外の雨に濡れる場所でも15年以上使用することが出来ます

その間に塗装や防腐処理も必要ありません

またこれだけの高耐久性質を持ちながらも表面に柔らかさがあり「素足に最も優しいハードウッド」として人気になっています

やはりお家のベランダは腰掛けたり歩いたりとそうしたイメージを描いている方が多いと思います

実際は木材ですので徐々に表面には消耗が出てササクレが生じてきます

その時に他のハードウッドだと強度がある分、そのササクレも硬く、もし足に刺さった時に痛いです

その点イタウバは樹種の性質で樹木の中の成分が表面を覆う為、ササクレもふやけた感じになるんです

屋外の雨ざらしの場所に木材を設置する以上、どの樹種も表面に消耗は生じます

その時に消耗具合に違いがあります

その点でイタウバは一般住宅のベランダには最適なんじゃないかと思います

イタウバのベランダについて https://www.itauba.info/

イタウバデッキ 滑り止め付きにすると

イタウバデッキの表面に滑り止め加工を施しました

表面を波形にすることにより摩擦を増やして滑らないように対策をします

滑り止めについてはご要望を頂いてからフラットのイタウバデッキを加工して波形にします

なので加工費がプラスになりますが安全に使用できるようになります

特にお店や公園などの公共の場所には必要な対策になります

また、イタウバは太陽にあたると色が濃くなる性質があります

写真の左のイタウバがそうなっています

これに滑り止め加工をすることで表面を削ります

そうなるとイタウバ本来の色に戻ります 写真右がそうです

これもまた濃い色に変わっていくのですが、加工直後はなんだか新品になったようで「綺麗なデッキになったな」と思ってしまいます

イタウバデッキの滑り止め付きについて https://www.itauba.info/