デッキを長く保たせる為の工夫

あるお家に新しく建てたベランダが完成しました

今回はすべて「イタウバ」という高耐久性木材(ハードウッド)で設置しました

「素足に最も優しいハードウッド」と呼ばれているイタウバは一般住宅のベランダに最適な性質を持っています

まず「屋外でも15年以上使用できる」という安心感です

やはり足元の材料は丈夫であることに越したことはありません

ここが不安になってくると生活する上でも常に気になってしまい、いずれ使用不可になってしまいます

当然イタウバもいつかは腐食してしまいますが、この期間が「15年以上」というのは他の樹種と比べても相当長く、その期間お家の方への「安心感」につながります

次に「素足に優しい」という所は「表面の柔らかさ」につながります

イタウバのような高耐久性木材は強いだけに表面の木質も強く、これがいずれササクレが生じた時に刺さると痛いんです

その点、イタウバのこの「表面の柔らかさ」はササクレもふやけた感じになっていて、素足で歩いた時にも他のハードウッドよりも安全です

高耐久性木材で表面が柔らかいというのはイタウバの特質すべき性質です

スリッパや土足を履くのであれば問題ありませんが、一般住宅のベランダは素足で歩く可能性があるので、そういったイメージをお持ちの方はイタウバが合っています

大事な下地もイタウバと鋼製束で設置しています

高さも充分あるので空気の通りがいいです

床下の空気の通りをよくすると腐食もしにくくなるのでデッキの長寿命化につながります

強い材料を使うだけでなく、構造も長く保たせる施工になっているのでお家の方にも長い間満足して頂けるようなデッキになったのではないかと思います

※イタウバデッキについて https://www.itauba.info/

老朽化した縁側の交換工事

老朽化した縁側を新たに張り替えている所です

以前の縁側はいつ設置されたのかお家の方も分からないくらい相当長持ちしたのですが、老朽化が進んでいたことで今回交換することになりました

今回も「長持ちするデッキがいい」という事で色々提案させて頂きましたが、触った感触で「イタウバデッキ」に決定しました

交換前の縁側はこんな感じでした

長く使用しましたがやはり限界だったと思います

イタウバデッキは「素足に最も優しいハードウッド」と呼ばれるウッドデッキです

屋外耐久年数は15年以上です

他のハードウッドとの違いは「表面に柔らかさがある」という点です

通常のハードウッド(高耐久性木材)は「表面も硬い」です

その結果、いずれ訪れるササクレが生じた時にそのササクレが強く、素足でその上を歩いた時は痛いんです

イタウバの場合、表面が柔らかい為、ササクレもふやけた感じになっていて他のハードウッドよりも安全性が高いのです

もし靴とかスリッパで歩くのであればササクレの問題は無いと思います

今回の現場は、毎日素足で縁側に出て鯉にエサをあげているという事もあったので「イタウバ」が最適だと思います

新しいイタウバの縁側でまた綺麗な中庭を安心して堪能できるようになれると嬉しいです

これから長い間、足元の安全を保つ役割をしっかり果して欲しいと思います

※イタウバデッキについて https://www.itauba.info/

お家の方に「気にならない状況」を長く提供するのがこのデッキの価値です

こちらは建設中の一般住宅です

大部分は出来上がり、外部のベランダも完成して後は室内の最終段階といった所です

今回はベランダの材料を担当させて頂き「イタウバ」というウッドデッキを納めさせて頂きました

「素足の最も優しいハードウッド」

イタウバの特徴はこれです

屋外耐久年数は15年以上(塗装や防腐処理は必要なし)

ハードウッドでは稀有な「表面の柔らかさ」を持つので、素足で歩くことを想定している一般住宅のベランダに合っています

こういった点から選んで頂いたのですが、いつも倉庫にあるイタウバがこうして住宅の一部として役目を果たしている所を見ると感慨深いモノがあります

太陽に当たって段々濃い色になってきました

ここでお家の方がくつろいだり遊んだりして新たな生活を満喫して頂くことが出来ればうれしいです

足元を支える材料として「安心して長く使用できる」というのは一番重要であり、お家の方に「何も気にならない状況」を長く提供するのがこのデッキの価値です

これから長いお付き合いになるので喜んで頂ければと思います

※イタウバデッキについて https://www.itauba.info/

イタウバの持つ性質がベランダに求められている要素と合致している

あるお家のベランダにウッドデッキを設置したところの写真です

ウッドデッキを使用する時に気になるのは「価格」と「使用年数」ではないでしょうか

ご自身の生活に合ったデッキを選択することが、その後の生活の満足度に大きく影響すると思います

世の中には色んなウッドデッキがありますが、最近人気なのは「イタウバ」でしょう

ハードウッドに分類されるデッキで「使用年数は15年以上」です

その中でも人気の理由は「素足に優しい」という点です

ウッドデッキを設置される方のイメージとして、素足でこの上を駆け回ったりくつろいだりするのを想像されているのではないでしょうか

イタウバは「芯は強いが表面は柔らかい」という稀有な特徴をもっています

大体は「芯も表面も強い」か「芯も表面も柔らかい」のどちらかです

「芯も表面も強い」樹種だといずれ訪れるササクレが生じた時に、そのササクレも強く刺さると痛いです

「芯も表面も柔らかい」樹種だとこれは長持ちしません

その両方の良さを兼ね備えた「イタウバ」は素足で歩くことを想定している一般のお家のベランダに人気になっています

当然「強さ」のあるイタウバなので下地としても十分機能します

実はウッドデッキで一番重要なのはこの下地(床の下の材料)です

床を支える場所ですが空気の通りも悪く湿気もこもりやすいので、木材にとっては腐食しやすくシロアリも付きやすい環境です

しかし腐食に関してはイタウバの芯の強さでカバーします

シロアリに関しては、イタウバに含まれる樹木の成分がシロアリをつきにくくさせます

そういった事もあり下地材としては最高の樹種だと思います

そしてイタウバに支えられるベランダはお家の方にとって「長く安心して使える」という最大の効果をもたらします

価格に関してはソフトウッド(杉・桧・レッドシダーなど)よりは高くなりますが、ハードウッドで有名なイペやウリンよりは断然安いです

何よりもイタウバの持つ性質が一般のお家のベランダに求められている要素と合致しているのが面白いです

これからもこの人気は広がっていくでしょう

※イタウバデッキについて https://www.itauba.info/

もうすぐ完成 イタウバの広いベランダ

もうすぐ出来上がる現場です

今回は何といってもイタウバデッキをかなり広く使って頂きました

建設会社さんが気に入って頂いてご指名で納めました

確かに自分でもイタウバの性質が一般のお家のベランダには合っていると思っています

「素足に優しいハードウッド」

メンテナンス不要で15年以上腐食せずに使用することが出来ます(色落ちとササクレは生じます)

またそんな強いウッドデッキの中で表面に柔らかさがあるので素足にも優しいんです

普通のお家のデッキは素足で歩くこともあると思います

その時にイタウバの性質が合致します

数週間後に完成した現場です

広いベランダが出来上がりました

子供たちが走り回っても大丈夫なように最大限配慮したベランダになっています

「安全に長く使用できる」

イタウバの力を存分に発揮してもらいたいと思います

※イタウバデッキについて https://www.itauba.info/

老朽化した縁側のBefore・After

中庭を堪能できる縁側を新調しました

「素足に優しい丈夫なデッキ」

ということで「イタウバデッキ」で新たに入れ替えました

池のコイにえさをあげる時に縁側がもう老朽化が来ていて「限界かな」と思い交換されたそうです

確かにやや安全面に不安があってもおかしくない状態でした

「長持ちする」と「素足に優しい」という点で先程のイタウバを触ってもらいこのデッキの採用が決まりました

「丈夫な材料」ということで下地ももちろんイタウバを使います

時々デッキ板を強い材料にして、見えない下地を安い材料にしている現場を見るのですが、むしろ逆です

気持ちは分かるのですが腐食しやすいのはデッキ板よりも床下の下地の方です

ここを丈夫な材料にしてこそ「長持ちさせる」ことにつながります

池の傍で場所が狭い現場でしたので大工さんも大変そうでした

デッキ板のイタウバを貼って完成です

これで雨に当たっても15年以上は腐食せずに使用できる丈夫な縁側になりました

これで安心して鯉にもエサをあげて欲しいと思います

この趣のある中庭をくつろぎながら眺めることが出来るようになりました

この新しい縁側を存分に活用して新たな生活を楽しんで頂ければと思います

※イタウバデッキについて https://www.itauba.info/

「素足に最も優しい」と言われる所以 イタウバ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

普段お世話になっている大工さんのご自宅にベランダを設置しました

大工さんご自身で建てたのですが「今回、イタウバを使ってみようと思って」ということで納めさせて頂きました

決め手は「強さ」もそうですが(耐久年数15年以上)「素足に最も優しいハードウッド」という性質です

ここはイタウバ特有で「芯は強いが表面に柔らかさがある」のです

ウッドデッキを製作する時に表面加工をするのですが、削られたイタウバは成分が表面に出てコーティングします

この影響がササクレが生じた時に、他のハードウッドはササクレも強いままなのにイタウバはふやけた状態になっています

ササクレは屋外デッキは避けられない部分なので、こういった性質から「素足に最も優しいハードウッド」と呼ばれる所以になっています

だからイタウバは一般住宅のベランダに合っていると思うのです

一般のお家だと素足でベランダに出る可能性があります

そうした使用環境ではイタウバの性質は合致します

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今回は入念に塗装もされてさらに耐水性が向上しました

丈夫で長持ちするベランダが完成です

新しい生活を楽しんでもらいたいと思います

※イタウバデッキについて https://www.itauba.info/

ここぞ!!という時の規格外サイズ 超幅広イタウバデッキ

これはイタウバデッキの最大サイズ40×200mmです

幅200mmもあるデッキはそうそうありません

通常は105mmとかなのでおよそ倍の幅になっています

ここまで大きいデッキだと正直おいそれと使わないモノになります

ここぞ!!という時に、例えば見た目のインパクトを持たせたいお店とかのデッキにいいんじゃないかと思います

普通の場所でしたら20×105mmや30×105mmで十分です

規格外のモノなので「見た事の無い場所にしたい」時に使うちょっと意味合いが違うサイズかなと思っています

※規格外のイタウバデッキ40×200mmについて https://www.itauba.info/

なぜみんなこれを「既成サイズ」にしているのか

これはイタウバデッキの既成サイズ30×105mmと20×105mmです

他のハードウッドデッキ(イペ・ウリン・セランガンバツなど)もこのサイズが既成サイズになっています

おそらく厚さと幅の関係が一番いい状態なんだと思います

幅が広すぎると反りが出やすいですし、狭すぎると枚数が多くなって施工の時間がかかります

過去にこの兼ね合いで色々と試した結果なんだと思います

見事にどの樹種も同じ既成サイズなのでたぶんこんな感じだったんだろうなと思います

確かに反りも出にくく枚数も手ごろに収まるのでこのサイズが一番使い勝手が良いです

※イタウバデッキについて https://www.itauba.info/

中庭のお家にイタウバの配達

今日配達のイタウバデッキです

今回は中庭にデッキを貼る方のお家へ納品します

図面を見ると180度家屋があってドーナツ型になった真ん中にデッキを設置する用になっています

そうするとおそらく家の中にデッキをもってはいるようになるのでちょっと緊張しますね

3mを超える長物もあるのでどこにも当てずに狭い現場の空いてるところに置くのは神経を使います

さあ頑張っていってきます!!