シロアリに強いイタウバ

今回はイタウバの下地材についてご紹介させて頂きます

下地材とはデッキ板の下にある束柱や根太のことです

床下の場所にある為、雨にも濡れますし湿気がこもる為木材が腐食しやすい環境です

実際にウッドデッキを作った時はデッキ板よりもこの下地の方が早く腐食する傾向にあります

そうなると下地材の重要性は大きく、ここをいかに腐食を防ぐかがポイントになります

まずは床下のスペースを大きくすることです

この部分は家との兼ね合いがあるので調整するのも難しいかもしれませんが、結局「床上と床下の環境の差を少なくする」ことが大事です

その為には風通しを良くして湿気がこもらないようなスペース、最低地面からデッキ板まで500mmは欲しいです

あとはこういった厳しい環境に耐えられる樹種の選定です

イタウバの場合、高い耐久性を持つハードウッドです、湿気・腐食にも強い樹種です

それともう一つ「シロアリに強い」性質があります

湿気・腐食する場所にはシロアリが発生しやすいです

イタウバの持つ樹木の性質・樹液の関連かシロアリに強い特徴を持っています

そうすれば下地材としてイタウバは最適な樹種ではないかと思います

地面とデッキ板とのスペースを設けてイタウバで下地を作れば長く使える丈夫なデッキが完成します

イタウバ下地材について https://www.itauba.info/

投稿者: itaubaadmin@

塚田木材株式会社 イタウバ担当 塚田智大

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です