大事な場所は床下の材料です

ウッドデッキやベランダで意外に重要なのは床下の材料です

目に見える床板に関心が行きがちですが、本当に重要視しなければいけないのはその床板を支えている材料です

いわゆる「束柱」「大引き」「根太」と言われる場所ですが、この材料こそがベランダ・ウッドデッキ全体を支えている材料になります

この場所は雨には当然濡れるのとまた床下なので乾きにくい・湿気が抜けにくいという場所なので木材にとっては腐食やシロアリが付きやすい場所になります

よってこの場所こそ高耐久性木材にすることで長期間安心してベランダ・デッキを支え続けることが可能になります

写真の樹種は「イタウバ」という樹種で、下地の材料としてはイタウバの持つ性質は最適です

まず耐久面は問題ありません

屋外耐久年数15年以上の硬質木材です

またイタウバの持つ樹種の成分がシロアリを寄せ付けないものを含んでいます

よってこの両方の性質はベランダ・デッキの下地として求められる性質を併せ持っています

イタウバの下地で15年以上、塗装や防腐処理もしなくても安心して使用できます

手間をかけず安心してベランダ・デッキの上を歩けるのは当たり前のようで実はかなり重要だと思います

足元をしっかりさせて安心して生活をして頂ければと思います

イタウバについて https://www.itauba.info/

アバター

投稿者: itaubaadmin@

塚田木材株式会社 イタウバ担当 塚田智大

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です