高強度と加工性を併せ持つ「イタウバ」

珍しいお問い合わせを受けました

「木材でこんなの作れますか?」

「これは何ですか?」

「スノーボードの埋め込みナットです」

「???」

どうやら実験で木製の埋め込みナットを試してみたいとのことで、図面を頂いた時に2つの懸念がありました

「木材でこんな形状が作れるんだろうか」

「割れずにキープできるだろうか」

加工がしやすい木材はいわゆる柔らかい木で、それだとおそらく完成させてもすぐに割れてしまうと思うのです

逆に硬い木だとここまでの加工が出来るのかが不安です

結局のところ、完成した後に割れてしまうような木では話にならないので、硬質木材でこの加工が出来るかを職人と相談しました

硬質木材と呼ばれるものは何種類かありますが、その中で肌感覚で一番加工がしやすい「イタウバ」という樹種でやってみようと決めました

職人さんも特に一番下の薄い円盤部分に気を付けながら加工をして頂きました

出来上がった時、この部分の強度が心配でしたが触った感触では「いける」感覚でした

イタウバの特徴である「強度はあるけれども加工性が良い」という部分を活かした製品だと思います

実験結果がどうなるか分かりませんが、とりあえずは今回のご依頼は完了出来て安心しました

イタウバについて https://www.itauba.info/

アバター

投稿者: itaubaadmin@

塚田木材株式会社 イタウバ担当 塚田智大

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です