イタウバの木肌の変化

こちらは本来のイタウバデッキの色合いです

イタウバは「2日ほど陽にあたると色が濃くなる」という特徴があります

よってベランダやウッドデッキを施工する時に、現場へ納入する時は写真の様な黄色い感じですが完成した時は下記の写真のようになっていることが多いです

ちょっと赤味がかかっているというか濃い色になっています

耐久性や耐水性には問題なくこの色の変化とは関係ありませんが、イタウバを設置することをご検討されるときにはこの特徴を知って頂ければと思います

イタウバについて https://www.itauba.info/

アバター

投稿者: itaubaadmin@

塚田木材株式会社 イタウバ担当 塚田智大

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です