「本来の色」と「完成時の色」の違い

これは「イタウバ」というウッドデッキの「本来の」色合いです

※イタウバとは https://www.itauba.info/

「本来の」とはイタウバというウッドデッキは数日間太陽にあたると「濃い色」に変色していくからです

数日で色が少しずつ濃くなるので、建設現場へ運んだ時は「黄色」だったのが完成時は濃い色になっています

▼設置から4か月後のイタウバの縁側

ここは建物に囲まれた中庭なので、太陽が当たらずまだ少しの変色程度です

▼納入から1か月後に完成したベランダ

ウッドデッキをご検討する際は、イタウバの場合は完成時はこんな色合いになる、という事を参考にして頂ければと思います

※イタウバについて https://www.itauba.info/

アバター

投稿者: itaubaadmin@

塚田木材株式会社 イタウバ担当 塚田智大

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です