イタウバ製スノーボードの埋め込みナット

「木材でこんなの作ってもらえますか?」

「これは何に使うんですか?」

「実験用でスノーボードのナットにしようと思って」

「???」

ちょっとびっくりしましたが、要は「水に強い樹種でこの形状が作れるのかどうか」ということでした

雪にまみれるので「耐水性に強い」樹種ならば、イペ・マニルカラ・イタウバ・アピトンがあります

その中で「これが作れる材料=加工性が良い」という事で選ぶとイタウバになります

職人さんに聞いても「イタウバやったらいけるんちゃうか」という事だったのでチャレンジしました

底の円盤の薄い部分やタップがキープできるのかなどなど不安な要素はたくさんありましたが、無事割れもなく、形状をキープしながらねじも止められたのでOKでした

イタウバの「強さ」と「加工性の良さ」がなければできなかったモノだと思います

今までで一番難しい加工でしたがいい経験になりました

※イタウバについて https://www.itauba.info/

投稿者: itaubaadmin@

塚田木材株式会社 イタウバ担当 塚田智大

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です