老朽化した縁側のBefore・After

中庭を堪能できる縁側を新調しました

「素足に優しい丈夫なデッキ」

ということで「イタウバデッキ」で新たに入れ替えました

池のコイにえさをあげる時に縁側がもう老朽化が来ていて「限界かな」と思い交換されたそうです

確かにやや安全面に不安があってもおかしくない状態でした

「長持ちする」と「素足に優しい」という点で先程のイタウバを触ってもらいこのデッキの採用が決まりました

「丈夫な材料」ということで下地ももちろんイタウバを使います

時々デッキ板を強い材料にして、見えない下地を安い材料にしている現場を見るのですが、むしろ逆です

気持ちは分かるのですが腐食しやすいのはデッキ板よりも床下の下地の方です

ここを丈夫な材料にしてこそ「長持ちさせる」ことにつながります

池の傍で場所が狭い現場でしたので大工さんも大変そうでした

デッキ板のイタウバを貼って完成です

これで雨に当たっても15年以上は腐食せずに使用できる丈夫な縁側になりました

これで安心して鯉にもエサをあげて欲しいと思います

この趣のある中庭をくつろぎながら眺めることが出来るようになりました

この新しい縁側を存分に活用して新たな生活を楽しんで頂ければと思います

※イタウバデッキについて https://www.itauba.info/

投稿者: itaubaadmin@

塚田木材株式会社 イタウバ担当 塚田智大

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です