老朽化した縁側の交換工事

老朽化した縁側を新たに張り替えている所です

以前の縁側はいつ設置されたのかお家の方も分からないくらい相当長持ちしたのですが、老朽化が進んでいたことで今回交換することになりました

今回も「長持ちするデッキがいい」という事で色々提案させて頂きましたが、触った感触で「イタウバデッキ」に決定しました

交換前の縁側はこんな感じでした

長く使用しましたがやはり限界だったと思います

イタウバデッキは「素足に最も優しいハードウッド」と呼ばれるウッドデッキです

屋外耐久年数は15年以上です

他のハードウッドとの違いは「表面に柔らかさがある」という点です

通常のハードウッド(高耐久性木材)は「表面も硬い」です

その結果、いずれ訪れるササクレが生じた時にそのササクレが強く、素足でその上を歩いた時は痛いんです

イタウバの場合、表面が柔らかい為、ササクレもふやけた感じになっていて他のハードウッドよりも安全性が高いのです

もし靴とかスリッパで歩くのであればササクレの問題は無いと思います

今回の現場は、毎日素足で縁側に出て鯉にエサをあげているという事もあったので「イタウバ」が最適だと思います

新しいイタウバの縁側でまた綺麗な中庭を安心して堪能できるようになれると嬉しいです

これから長い間、足元の安全を保つ役割をしっかり果して欲しいと思います

※イタウバデッキについて https://www.itauba.info/

投稿者: itaubaadmin@

塚田木材株式会社 イタウバ担当 塚田智大

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です