デッキを長く保たせる為の工夫

あるお家に新しく建てたベランダが完成しました

今回はすべて「イタウバ」という高耐久性木材(ハードウッド)で設置しました

「素足に最も優しいハードウッド」と呼ばれているイタウバは一般住宅のベランダに最適な性質を持っています

まず「屋外でも15年以上使用できる」という安心感です

やはり足元の材料は丈夫であることに越したことはありません

ここが不安になってくると生活する上でも常に気になってしまい、いずれ使用不可になってしまいます

当然イタウバもいつかは腐食してしまいますが、この期間が「15年以上」というのは他の樹種と比べても相当長く、その期間お家の方への「安心感」につながります

次に「素足に優しい」という所は「表面の柔らかさ」につながります

イタウバのような高耐久性木材は強いだけに表面の木質も強く、これがいずれササクレが生じた時に刺さると痛いんです

その点、イタウバのこの「表面の柔らかさ」はササクレもふやけた感じになっていて、素足で歩いた時にも他のハードウッドよりも安全です

高耐久性木材で表面が柔らかいというのはイタウバの特質すべき性質です

スリッパや土足を履くのであれば問題ありませんが、一般住宅のベランダは素足で歩く可能性があるので、そういったイメージをお持ちの方はイタウバが合っています

大事な下地もイタウバと鋼製束で設置しています

高さも充分あるので空気の通りがいいです

床下の空気の通りをよくすると腐食もしにくくなるのでデッキの長寿命化につながります

強い材料を使うだけでなく、構造も長く保たせる施工になっているのでお家の方にも長い間満足して頂けるようなデッキになったのではないかと思います

※イタウバデッキについて https://www.itauba.info/

投稿者: itaubaadmin@

塚田木材株式会社 イタウバ担当 塚田智大

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です