滑り止め加工で本来の色に「イタウバ」

これは両方ともイタウバウッドデッキなんです

左側が通常のイタウバデッキ(フラット)で右が「滑り止め付きのイタウバデッキ」です

滑り止めは受注生産品でご依頼を受けてからこの波形を付けています

公園や遊歩道などの公共の場所で使用するデッキにはこの加工依頼が多く、いつもフラットのデッキを加工機に入れて製作します

なぜこんなに色が違うのかというと、イタウバは元々数日太陽に当たるだけで濃い色に変わっていきます

左の状態はかなり変色が進んでいる状態です

ここから滑り止め加工をすることで「表面を削る」為、元々のイタウバの地肌がまたむき出しになるからです

結局はまた色は変わっていくのですが、加工する時はいつも濃い色になっているイタウバを選んでやるようにしています

加工機に入れるときの色と出てきたときの色が鮮やかに変わっているので面白いです

現場に納めるときには元来のイタウバにしておきたいなという自己満足かなとも思うこだわりです

※イタウバデッキの滑り止め加工について https://www.itauba.info/

投稿者: itaubaadmin@

塚田木材株式会社 イタウバ担当 塚田智大

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です