本来のイタウバの色

イタウバの本来の色合いです

元々はこの色から2日ほど陽にあたると濃くなり、段々とシルバーグレイになってきます

ウッドデッキを作った際は納入時は写真の色合いですが完成時は濃い色になっていることが多いです

ご参考までにお知らせさせて頂きました

イタウバについて  https://www.itauba.info/

塗装一つでいろんな表情に

イタウバフローリングにいろんな塗装をしてみました

左が無塗装のイタウバフローリングです

真ん中がクリアワックスの塗装

右側がウレタンクリア塗装です

両方とも無着色の塗装ですが、見た目はかなり異なります

フローリングも塗装一つで雰囲気はかなり変わります

他にもいろんな塗装で空間造りを楽しんで頂ければと思います

イタウバフローリングの塗装について  https://www.itauba.info/#007

希少材!!イタウバの大型盤木

イタウバの大型盤です

これは国内では希少材です

イタウバの木肌の柔らかさを利用したカウンター材にすると、他には無い仕上がりになることは間違いありません

他にもアイデアでいろんな用途に使用できると思います

可能性を秘めた材料であることは間違いありません

イタウバの大型盤について  https://www.itauba.info/

イタウバをクリア塗装

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

イタウバのベランダです

今回はクリアワックスを塗装しています

元々無塗装でも耐久性は問題ありませんが、塗装をすることでさらなる向上が見込まれます

また色合いも変わるのでまた違った雰囲気を味わうことが出来ます

デッキ材も無塗装とワックス塗装で同じ樹種でも異なる仕上がりになります

イタウバの場合はこのような感じになります

ご参考にして頂ければと思います

イタウバデッキについて  https://www.itauba.info/

イタウバ根太45×70mmのメリット

イタウバの根太材45×70mmと70×70mmです

どちらも主に根太で使用されていますが、よくご依頼を受けるのは45×70mmです

これを束柱(90×90mm)を挟むように施工しています

従来は束柱の上に大引きとしてまた90×90mmを乗せているのですが、イタウバの場合強度が高い為、45×70mm2本で支えることは可能ですし、施工する方にとっても軽くて使いやすいので便利です

また45×70mm2本の方が、大引き(90×90mm)より安くなるメリットもあります

細い材でも使い方によっていろんなメリットがあります

イタウバの根太について  https://www.itauba.info/

定番のサイズ30×105・20×105mm

イタウバデッキで最もよく出荷する30×105mmと20×105mmです

他のウッドデッキもこのサイズは定番になっています

基本的にハードウッドは重量があるのでこの程度のサイズの方が現場でも使い勝手が良いのかもしれません

105mm幅だと反りも出にくいです

イタウバデッキについて  https://www.itauba.info/

いい思い出を作って欲しいです

今回はかなり広いスペースにイタウバデッキを設置して頂きました

イタウバは素足に優しいハードウッドですので、一般住宅のベランダには最適だと思います

家族でこのベランダで遊んで良い思い出を作って欲しいです

イタウバデッキについて  https://www.itauba.info/

イタウバの埋め込みナット

イタウバでスノーボードの埋め込みナットを製作しました

実験で試してみる材料とのことで、雨に強い材料が必要とのことでしたのでイタウバで製作しました

かなり難度の高い加工でしたので、ハードウッドでも加工性の良いイタウバで行いました

なんとか完成までこぎつけましたので、後は実験結果を待つだけです

イタウバの加工について  https://www.itauba.info/