人気の理由は耐久年数と「素足に優しい」

イタウバは屋外でも15年以上使用することが出来るウッドデッキです

このような一般住宅のベランダによく使用されています

人気の理由は、この耐久年数と「素足に優しい」という点です

イタウバと同等の強度を持つウッドデッキは他にもありますが、高強度ゆえにササクレが生じたときに非常に痛い時があります

しかしイタウバは内部成分が表面を覆う特性があり、ササクレもふやけた感じになり柔らかいのです

また表面の肌触りも他の樹種に比べて柔らかさがあるのです

一般住宅のウッドデッキは「素足で歩く」ことをイメージされている方が多いと思います

そのイメージと15年以上安全に使用することができるというメリットを併せ持っているのが選ばれている理由です

イタウバウッドデッキについて  https://www.itauba.info/

素足に優しいハードウッド

新築の住宅にイタウバのベランダを設置して頂きました

イタウバは外でも20年の耐久年数を持つ木材ですが、表面の木肌が柔らかいという稀有な特性があります

その為、素足に最も優しいハードウッドで一般住宅のベランダによく使用して頂いております

ベランダ・デッキをはだしで過ごすことを想定されている場所に最適な樹種だと思います

イタウバデッキについて  https://www.itauba.info/

安全に使用したい時におススメです

イタウバデッキの表面に滑り止め加工を施しました

公園や遊歩道のデッキで表面がこのような感じになっているのは見たことがあるのではないでしょうか

通常のフラットのデッキの場合、雨に濡れた時などは滑りやすくなっています

そこでこのような表面に波形の加工を施すことで安全に使用することが出来るようになります

ただ、この滑り止め加工はご依頼を受けてから通常のフラットデッキに加工をすることで完成します

よって既製品では無いので少々お時間を頂くことになります

より安全にしたい時はこの滑り止め付のデッキがおススメです

イタウバデッキの滑り止め加工について  https://www.itauba.info/

イタウバの色の変化

写真のウッドデッキは両方ともイタウバです

かなり色が違っていますが、右側の黄色いのが本来のイタウバの色合いです

ここからイタウバの特性になるのですが、太陽にあたると早い段階で左側のような濃い色に変化してきます

左側はもう半年ほど陽にあたった状態ですが、徐々にこの色になり最後はシルバーグレイに変化していきます

全ての樹種が最後はシルバーグレイになるのですが、イタウバはその前にこの濃い色合いに変化するという事が特性になります

イタウバについて  https://www.itauba.info/

店舗のフローリングに使用する際に

こちらはイタウバフローリングです

イタウバは高強度の性質を持ちながらも表面は柔らかさを持つ稀な性質を持っています

そこで店舗のフローリングに適しています

店舗フローリングに使用した場合、見た目は非常に大事です

クリア塗装でも見た目はかなり異なります

左:無塗装 真ん中:クリアワックス塗装 右:ウレタンクリア塗装

周囲の雰囲気に調和するように塗装・無塗装も選択して頂ければと思います

イタウバフローリングについて  https://www.itauba.info/

いい活用法はありませんか?

かなり珍しい材が入荷されました

イタウバ材の大型盤木です

テーブルとかに使用すると良いのではないかと考えています

この材料に関しては私以外の方がもっといい活用法を考えてくれるのではないかとも思っています

他には無いこの材料で唯一無二の製品に仕上げて頂ければと思います

イタウバの大型盤木について  https://www.itauba.info/

クリア塗装と無塗装の違い

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

イタウバのベランダ完成後、クリア塗装をしたものです

クリア塗装なので当然無着色のワックスですが、それでもここまで色合いが変わります

これが無塗装のイタウバデッキです

塗ると雰囲気がこんな感じで変わります

あとはお好みでどのように仕上げるかを選んで頂ければと思います

イタウバのベランダについて  https://www.itauba.info/

ウッドデッキは下地が大事です

イタウバはハードウッドなので屋外でも腐食に強く耐荷重もあります

加えて、シロアリに強い性質を持っています

デッキ下の下地材と言われる束柱や根太はこの特徴は非常に重要になります

ウッドデッキはデッキ板に目が行きがちですが、重要なのは下地材です

下地材の場所は風通しも悪く湿気もこもる為、腐食が進んだりシロアリも付きやすい環境にあります

それでこの部分からやられていくのですが、ここがダメになってしまうとウッドデッキそのものが成り立たなくなってしまいます

そうするとこのイタウバの性質は下地材として使用するのに最も適していると思います

ウッドデッキ製作の際は下地材こそ丈夫な材料を選んで頂ければと思います

イタウバの下地材について  https://www.itauba.info/

人気サイズ 30・20×105mm

イタウバデッキで最もよく出荷する30×105mmと20×105mmです

他のウッドデッキもこのサイズを既製品としているものは多いです

厚さに対してこの幅が後々反りも含めて変形が出にくいサイズだと思います

イタウバの場合、加工性も良いので他のハードウッドに比べてもカットやビス打ちはやりやすいと思います

イタウバデッキについて  https://www.itauba.info/